【2017】田主丸花火大会の日程はいつ?駐車場や穴場も紹介

hanabi

福岡県久留米市の夏の風物詩の1つ、田主丸花火大会。

毎年久留米の夜空に打ち上げられる4000発の花火は打ち上げ花火の他に

・7号玉

・スターマイン

 

等があり毎年3万人以上の来場者でにぎわいます。

2017年ももう間もなく、その時がやってこようとしてますが今年のが田主丸花火大会の日程はいつなのでしょうか。

ここでは田主丸花火大会の日程や駐車場、おすすめの穴場スポットをまとめてご紹介します。

スポンサーリンク




田主丸花火大会の日程はいつ?2017

diary

田主丸花火大会の2017年の日程は8月20日(日)になります。

日程が日曜日と言うこともあり、スケジュールがあわせやすい分、多くの人が来場する可能性が高いので出来るだけ早めに足を運ぶことをおすすめします。

筑後川を舞台に打ちあがる花火。

そして水面に映る姿は幻想的でロマンチックそのもの。

会場周辺では露店も100店以上が集まりますので当日はグルメをほお張りながらゆったり幻想的な花火を楽しんでみてくださいね。

田主丸花火大会の詳細は下記の通りです。

日程 2017年8月20日(日)
開催場所 19時30分~
打ち上げ時間 片の瀬公園対岸 筑後川河川敷
打ち上げ数 4000発

 

アクセスや駐車場について

parking

田主丸花火大会に遠方から行くとなると当日気になるのがアクセスや駐車場ですよね。

当日、渋滞に巻き込まれて時間を奪われないように今のうちにアクセスや駐車場をチェックしておきましょう。

 

アクセスについて

【徒歩の場合】

・西鉄金島駅→徒歩約20分
・JR田主丸駅→シャトルバス

 

【車の場合】

大分道甘木IC→約15分
九州道久留米IC→約20分

 

おすすめの駐車場はどこ?

田主丸花火大会のおすすめの駐車場ですが当日は田主丸花火大会の会場周辺に約800台の臨時駐車場がありますのでそちらを利用していきましょう。

800台といっても安心は出来ません。

田主丸花火大会には約3万人以上の人出が押し寄せるので確実に駐車したい場合は早めに足を運ぶようにしましょう。

ちなみに車でお越しの際は、帰りの渋滞は覚悟しておいたほうがいいです。

スポンサーリンク




おすすめの穴場スポット2選

lovers-1259124_960_720

田主丸花火大会を花火を楽しみたいと言っても楽しみ方は人それぞれ。

会場で見るのもよいですが、ちょっと離れた場所で静かに見たい!って方も多いのではないでしょうか。

そんな方に田主丸花火大会の花火が綺麗にみえる、おすすめの穴場スポットをご紹介します。

 

穴場その1.耳納山

標高100mの場所にある耳納山。

会場から少し離れた場所にありますが、こちらでは花火と久留米の夜景を一緒に花火を楽しむことができます。

カップルや大切な人とすごすのにおすすめの穴場スポットといえるでしょう。

 

穴場その2.観光ホテル小林荘

田主丸花火大会の会場周辺にある観光ホテル小林荘。

有料になりますが打ち上げ会場に近いので

  • 足を運ぶも良し
  • その場で楽しむも良し

と選択することができます。

観光も含めてゆったりと花火を楽しみたい方におすすめの穴場スポットです。

 

まとめ

 

2017年の田主丸花火大会の日程やおすすめの穴場スポットまとめてみましたがいかがでしたか。

田主丸花火大会では会場が河川敷であることから様々なポイントで花火を楽しむことが出来ます。

上記の穴場スポット以外にも多数のビューポイントがありますので会場周辺に足を運ばれる場合は、上手く見つけて場所取りを行っていきましょう。

また日程が夏の後半といってもまだまだ蒸し暑い時期です。

当日は熱中症対策に虫除け対策を行い万全な体勢で花火を楽しむことをおすすめします。

それでは当日の素敵な花火をゆっくりとみながら楽しんでくださいね。

 

【8月開催の花火大会】

大濠花火大会

筑後川花火大会

夢HANABI

わっしょい百万夏まつり

福津花火市納涼大会

大川花火大会 

関門海峡花火大会

柳川花火大会

田主丸花火大会 

 

【9月開催の花火大会】

fukuoka東区花火大会

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ